映画『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』作品情報、あらすじ

あらすじ

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』より約10年後、旧態依然として腐敗による機能低下が進む銀河共和国を見限り数千の星系が離脱を表明、ドゥークー伯爵を中心に分離主義勢力を形成して共和国との間に緊張状態を生じていた。

パドメ・アミダラ元老院議員は爆破テロに遭遇し、パドメ自身は難を逃れたものの多数の侍従が犠牲

オビ=ワン・ケノービと若きアナキン・スカイウォーカーがボディーガードをする事になり、オビ=ワンとアナキンはパドメを狙った刺客ザム・ウェセルから彼女を守る事に成功。

ザムは殺されてしまった。

オビ=ワンは惑星カミーノへ向かう。

アナキンが初の単独任務として、身を隠すため惑星ナブーへ向かうパドメを護衛するため、同行。

ナブーの地に着き一時の平穏が訪れる中、やがてアナキンとパドメは愛しあうようになる

オビ=ワンは惑星カミーノで、サイフォ=ディアスが10年前に極秘裏に生産を依頼していたクローン・トルーパーの大軍隊を視察

るジャンゴこそがザムを消した賞金稼ぎであると判断

オビ=ワンは、ジャンゴ取り逃がしてしまう。

オビ=ワンは惑星ジオノーシスへ逃亡したジャンゴを追跡するが、ジオノーシス近くの小惑星帯ではジャンゴの巧みな操船技術に完敗。

すんでのところで自らの撃墜を偽装し、ジャンゴをやり過ごした。

以前から母シミ・スカイウォーカーが苦しんでいる悪夢にうなされていたアナキンは、パドメの計らいで共に故郷の惑星タトゥイーンを訪れる。

かつての主人ワトーから、シミは奴隷から解放され、水耕農夫ラーズの後妻となっていた事を知る。

シミが盗賊タスケン・レイダーに誘拐されたという事実。

アナキンは必死の捜索でシミを発見するが、時遅く彼女は息子の腕の中で絶命、アナキンは怒りのままにタスケンを部族ごと虐殺する。

ジオノーシスに着陸したオビ=ワン

分離主義勢力陣営のドロイド工場を発見するが、シス卿のドゥークー伯爵に捕らえられてしまう。

ドゥークーはオビ=ワンに、共和国が既にシスに乗っ取られ、元老院も多くの議員がシスの配下にあるという驚くべき事実

アナキンとパドメはオビ=ワンの救出に向かうが

闘技場でばれないよう変装して見守っていたメイス・ウィンドゥ率いるジェダイ軍団が救援に現れるが、ドロイド軍の圧倒的な物量の前にひれ伏す。

ジェダイ軍団の援軍として、ヨーダ率いるクローン・トルーパーが乗り込んだ複数機のリパブリック・ガンシップが降下。これにより、クローン大戦が勃発した。

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」トレーラー

登場人物

オビ=ワン・ケノービ – ユアン・マクレガー

パドメ・アミダラ – ナタリー・ポートマン(

アナキン・スカイウォーカー – ヘイデン・クリステンセン

パルパティーン最高議長 – イアン・マクダーミド

シミ・スカイウォーカー – ペルニラ・アウグスト

C-3PO – アンソニー・ダニエルズ(

R2-D2 – ケニー・ベイカー

メイス・ウィンドゥ – サミュエル・L・ジャクソン

ヨーダ – フランク・オズ

ドゥークー伯爵 – クリストファー・リー

ベイル・オーガナ – ジミー・スミッツ

ジャンゴ・フェット – テムエラ・モリソン

ボバ・フェット – ダニエル・ローガン

クリーグ・ラーズ – ジャック・トンプソン

ジャー・ジャー・ビンクス – アーメド・ベスト

シオ・ビブル – オリヴァー・フォード・デイヴィス

ドルメ – ローズ・バーン

キャプテン・タイフォ – ジェイ・ラガーイア

ザム・ウェセル – リーアナ・ウォルスマン

デクスター・ジェッスター – ロン・フォーク

ラマ・スーの声 – アンソニー・フェラン

トーン・ウィの声 – リーナ・オーウェン

クワイ=ガン・ジンの声 – リーアム・ニーソン

侍女コーデ – ヴェロニカ・セグラ

作品情報

タイトル:スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

原題:STAR WARS: EPISODE II – ATTACK OF THE CLONES

別題:スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃

製作年度:2002年

上映時間:142分

製作国:アメリカ

ジャンル:SF、ファンタジー、アドベンチャー

監督:ジョージ・ルーカス

製作総指揮:ジョージ・ルーカス

脚本:ジョナサン・ヘイルズ、ジョージ・ルーカス

音楽:ジョン・ウィリアムズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする